地方と都市の環境格差

地方に行けば都市部よりもずっと土地が安く、また敷地も広く取れるので、実際に新しくできた認可保育所などを見ても都市部よりもずっと環境がいい状態の保育所が多いと感じます。

都市部では土地の価格が高く、認可保育所でなくても税金が利用される部分があるので、立地条件がよく園庭などの広さも十分とれる土地を購入できても住民からすれば、住宅地で土地も高いところに税金を払って保育所を作るとはどういうことだと疑問視する声も納得できます。

またその保育所に通う保育園児たちが近隣住民に暮らす子どもたちならまだ納得できると思いますが、別の地域に待機児童が多い場合、近隣ではないよその地域から保育所に通園してくる家庭も多くなります。近隣に暮らす子供たちのために建設されるのならまだしも、遠い地域から車で送迎されるようになれば、車の騒音問題なども出てきます。

様々な問題があり、保育所としての環境をクリアしていても、建設が進まず、近隣の方々の同意を得ることが出来ないままに計画中止となるケースも多い都市部では、新しく保育所を建設するためには大きな壁がいくつも存在すると理解しておくべきです。

子どもたちがのびのびと楽しく園生活を送るために必要な環境については、都市部こそ大きな問題を抱えているのです。