反対されることも多い

認可保育所を建設するためには土地の広さや園庭の広さなど国が決めた基準があります。その基準をクリアする土地を求めるのはとても大変な事ですし、税金が使われることになるので、慎重に環境を考慮しながら考えなくてはなりません。

都市部では近年、待機児童問題がより大きな問題となっており、保護者の皆さんは仕方なく無認可保育所に高い保育料をはらい、保育してもらっているという状況です。しかしせっかく共働きできるようになっても、保育料が高いとなれば教育費用をためることもままならず、保育所に行くために働くようなものです。

その為に多くの保護者が認可保育所に入園を求めてお子さんを待機させる、働くことを我慢するという状況になり、深刻な人材不足、また少子化にもつながっています。

規制緩和も行われていますが、やはりお子さんを保育する環境としては、それなりの園庭があり、しっかりと耐震基準を満たした安全な建物があり、保育設備が整っているという環境が欲しくなりますし、保護者からすれば自分たちが暮らす場所から近い所、若しくは職場に近いところに通わせたいと願うでしょう。

そういった場所に保育所を作りたい、でも近隣住民の反対にあったり、建設できる土地の広さがないなど、問題は山積みとなっています。